忍者ブログ

GAM-22のメモ

医療界挙げて被告の医師支援…帝王切開死判決 「わが国の刑事裁判史上かつてない」

2017.11 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

医療界挙げて被告の医師支援…帝王切開死判決 「わが国の刑事裁判史上かつてない」

①亡くなった妊婦さんは、前回も前置胎盤。
 
②妊婦は大野病院を受診。診断の結果、前置胎盤が分かる。
 Κ医師は出産時の危険性を説明し、大学病院での分娩を勧めたが、
 「大学病院は遠い。交通費がかかる」と妊婦と家族は地元の大野病院で分娩を希望した。
 
③希望に沿って大野病院で出産することになった。手術の説明をした際
 「場合によっては子宮を摘出する」と、Κ医師が話すと
 「3人目も欲しいので、絶対に子宮は取らないで下さい。」と妊婦は子宮温存を強く希望。
 
④分娩当日。帝王切開、胎児摘出後、予見できなかった癒着胎盤が存在。
 力を尽くして処置したが、子宮温存は困難と判断して摘出を行い
 なんとか救命できたかと思った直後に心停止に至り、母体を助けられなかった。
 
⑤病院・医師の処置や判断や手続きに過誤は認められなかったが、
 不幸な結果に至ったことに対し遺族に全く償いがないことはあまりに非情ではないかと
 病院内部で検討して”過誤”があったことにして病院から賠償金を支払う決定をした。
 
⑥遺族はそれでも執刀した医師に対する恨みは消えず、
 遺族とともに墓参りに同行させた際に墓前での土下座を要求し、医師はそれに従った。
 
⑦福島県警・福島地検は”医療過誤あり”との病院から遺族になされた報告に
 「業務上過失致死罪」が適応されると判断。
 
⑧母体死亡から一年以上経過してから、妻の出産を控えている時期に
 逮捕する日時をマスコミに伝え、わざわざ仕事中の医師をテレビカメラの前で逮捕
 (凶悪で逃亡の恐れがあるからと、逮捕した富岡署は後に県警本部長賞として表彰された)
 
⑨マスコミが医療過誤として報道するが、癒着胎盤という疾患の難しさを知る医療界は
 全国で「不当逮捕ではないか」と疑問の声が出る
 
⑩しかし、そのような抗議を無視して地検は起訴を決定し裁判に至る。
 妊婦の遺族は「医療ミスで亡くなった娘の真実が知りたい。」
 「医師としての責任をとれ」と話している。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
突然のコメント失礼致します。
勝手ながら私どものサイトからこの記事へリンクをさせていただきました。
http://sirube-note.com/doctor/

もしよろしければ、こちらのページより相互リンク登録もしていただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/doctor/link/register/
現在のページからのリンクは一定期間の予定ですが、よろしくお願い致します。
(自動書込のため、不適切なコメントとなっていましたら申し訳ございません)
token:9avonDLW
sirubeさんのページsirubeさん / 2008/09/22(Mon) / 編集
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]