忍者ブログ

GAM-22のメモ

プレイステーションの性能について

2017.04 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プレイステーションの性能について

パソコンのCPCは何ビットですか?
なんて聞いたら、大抵32bitだと思いますが、64bitなんてあるんですね。(常識だろ)
でも、普通のゲームの計算なら32bitで十分だし。
時には、実数で64bit使うときもありますが、64bitでも32bitのCPUでも、32bitしか扱わないなら、意味無いですよね。

しかし、数学計算使いまくりとか3Dゲームになると、64bitになるのかもしれません。
で、世の中で最高のbit幅を誇るのが、プレイステーション2(以下PS2)なんです。
以外でしたか?
さすが、ソニーです。最強です。
もし、128bitのCPU搭載パソコンなんて売り出しても動くOSが無さそうですが・・・

あんまり売れて無い気のプレイステーション3(以下PS3)のCPUがさらに凄いです。
wikipediaによると、
>PS3の核となるメインプロセッサ (CPU) には、2000年からSCE/ソニー/IBM/東芝の4社により共同開発された「Cell (セル) 」プロセッサを採用。Cellプロセッサは 1PPE+8SPE の構成のマルチコアプロセッサ(厳密にはヘテロジニアスマルチコア)である。Cellは一度に10個の命令スレッドを処理できる。これは前世代機PlayStation2の約32倍の性能である。
>また、PS3でのCellの動作クロック周波数は3.2 GHzであるが、Cell自体は4.5GHz以上で動作可能であるとしている。

なるほど、かなり凄い気がします。
PS2のクロックは294.912MHzくらいしか無いのに、PS2のエミュレーターは普通のパソコンで動かないらしいです。その32倍の3.2Ghzのゲーム機のエミュレーターが動くパソコンの性能ってどのくらいですかね。
そもそも、4.5GhzのCPU自体、滅多なもんじゃないです。
きっと、今後PS3エミュレーターは、作らせない為ですね(?)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]