忍者ブログ

GAM-22のメモ

小学生の鉛筆の強制の意味

2017.05 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学生の鉛筆の強制の意味

こうやって文章にするほどのことでもない気がしますが・・・

珍しく鉛筆で文字を書いたのですが、指が痛くてたまりませんでした。理由は単純で、鉛筆の持ち方を間違っているからです。シャーペンだと変な持ち方をしてもグリップがありますが、鉛筆だとそうは行きません。つまり、小学生の頃、鉛筆を強制されたのには、鉛筆の正しい持ち方を覚えさせる為、というのがあるのではないですかね。

しかし純良にも鉛筆を使い続けた私が、どうしてこの持ち方が治らなかったんでしょうか?

小学生の頃には時すでに遅しで矯正不能だった、ということで。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]