忍者ブログ

GAM-22のメモ

Vistaについて思うこと

2017.08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vistaについて思うこと

久しぶりにhp(ヒューレット・パッカード)のページに行ったら、もう全てのパソコンのOSがVistaになってました。
そこで、今日はVistaについて思うことを書こうと思います。
-----
Windows Vista対応についての情報によると、HSPで作ったアプリは、ちゃんとVistaでも動作するようです。
それは良いのですが、Vistaのセキュリティ機能、UAC(User Account Control)と、XPからの大きな仕様変更が厄介そうです。
-----
UACの影響は、まずProgram Files内を書き換える度に警告が出ます。
電気屋に行って実際に使ってみたのですがユーザーがエクスプローラーで操作した場合でも、続行しますかという警告が2回も現れます。
当然ながら、アプリ側から操作しても同じ警告が出るので、かなり面倒です。
これだけだったら、ユーザーが注意するだけなんですが、レジストリの書き換えも一部制限されるので、どう対処すればいいのか?
XPのアプリをそのまま使ったら、ゲームを起動、ロード、セーブ、終了する度に警告が出まくると思うのですが...
-----
仕様変更の影響は、スタートメニュー管理方法が変わったことです。
具体的なことは知りませんが、その影響でアンインストーラーしてもスタートメニュー項目が消えないという事態に陥るので、ユーザーが自分で削除しなくてはいけません。
また電気屋に行って実際に使ってみたのですが(もう言った)「マイ ドキュメント」の場所がXPと異なります。
「?:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents」→「?:\Users\ユーザー名\My Documents」という具合に変わったようです。
まあ、システム変数という形で、「マイ ドキュメント」の場所がアプリに知らされるので大丈夫だと思いますが...
-----
さらに、追い討ちをかけるように、こんな記事を発見しました。
iPod/iTunesをVistaで使う上での注意点
よく読むと、「iPodをアンマウントするのにVistaのSafely Remove Hardwareを使うとiPodが壊れる」そうです。
ちなみに、Safely Remove Hardwareというのは「ハードウェアの安全な取り外し」の事です(初めて知った)。
これって、M$の嫌がらせですか? とにかくiPod使ってる人は要注意です。(iPod買う金なんて中学生に無い... 月に2000円じゃ... 自分で稼がないと...)
-----
(やばい愚痴が多くなった)
なんだか、Vistaの不評だらけになりましたがいい所もあります。
電気屋に行って実際に使ってみたのですが(もう言っ(ry)
アドレスバーを見たら、階層ごとにボタンになっていてそこに飛べます。
また、空白をクリックすると従来のようにアドレスもコピーできます。
他にも、XPに無い新機能があるハズ(知らん)です。
-----
結論から言うと、なんだか面倒な気もしますがどっちにしろ数年後にはVistaが普通になって行くと思うので、アプリもVistaに対応していくしか無いんじゃないでしょうかね...(作る人の視点)

そういえば、UACってレジストリを弄くることで無効にできるらしいです。 参考 : http://journal.mycom.co.jp/column/winxp/231/
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]