忍者ブログ

GAM-22のメモ

尾瀬 写真 2009 冬

2017.08 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尾瀬 写真 2009 冬

氷柱

辛く長い、3泊4日の尾瀬の登山から帰ってきました。

感想は「寒かった」一言に限ります。

1階が埋まってる

泊まったのはこの小屋です。どうやら、夏には定食屋として営業しているようでしたが、冬はこの有様。2階建のハズなのに、1階は完全に雪の下に埋もれ、穴を掘って中に入りました。因みに、今年はこれでも雪が少なめで、年によっては屋根も見えなくなるそうです。

-10℃

寒いと言いましたが、この写真を撮った時、-9.6℃でした。寒すぎて、カメラのバッテリーが機能が低下して「バッテリー残量が不足しています」というようなメッセージがすぐに表示されてしまったのと、寒さのあまり、手が悴んでしまったので、写真はあまり撮れませんでした。

木の幹に付く、謎の物体

登る途中、木の幹に付く謎の物体を発見しました。大きさは2,30cmくらいあり、始めは巨大な粘菌の塊とか思っていましたが、思い切りスットクで突いてもキズが付く程度の強度で、今では本当に粘菌だったのか疑問です。なんですかね、これは?

氷柱

氷柱の接写です。

氷柱(非接写)

こっちは普通に撮った氷柱です。接写の効果が分かります。

絶景(?)

晴れた山は綺麗でした。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
きれいやね~
うんちさん / 2009/11/14(Sat) / 編集
Re:無題
改めてみると、やっぱり、自然が作り出した風景は凄いですね。
風が止めば、そんなんでもなかったですが、風が吹くと寒くて耐えられないほどでした。写真を撮っているときは、手の感覚が無かったです。
辛い部分もあるのが、逆に、それだけ価値のある風景と言える気がします。
 (2009/11/14)
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]