忍者ブログ

GAM-22のメモ

青森 写真 ねぶた編 2008

2017.07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青森 写真 ねぶた編 2008

青森に行きました

夏休みも終盤ですが、このペースだと宿題は確実に終わりませんね。真剣に困っています。ホントに時間が無いです・・・

時間が全然無いにも関わらず、部活の合宿まで逃げてきて、あげく青森に旅行に行ってきました。宿題や信頼より、夏休みの思い出が大切だと開き直ったのです。

迫力があります

青森の思い出ということで、219枚ほど写真を撮ってきました。

その中から「ねぶた」の写真です。県庁前、(立ち上がることのできる場所で)最前列という、超ベストポジションからの撮影です。

源義経 「鵯越の逆落とし」

源義経 「鵯越の逆落とし」 ズーム

ズームしてみました。ゆっくり2旋回した後、去ったくれたので、のんびり撮影する余裕がありました。

鎧の作りこみが凄いです

鎧の作り込みが見事です。カッコイイですね。

裏側には滝が

裏側は滝になっていました。紙だけで、水しぶきや流れる水を表現するなんて凄いですよね。

十和田湖幻想 「南祖坊と八之太郎」

十和田湖幻想 「南祖坊と八之太郎」 すこし角度を変えて

斧vs棒! 棒はちょっと可哀想じゃないですか?

個人的に、この水の龍がカッコイイ

それより、この水の龍がカッコイイですね、個人的には。

裏側には滝が *2

裏側が滝なのは流行なんですかね?

将門の神霊 瀧夜叉を救う

将門の神霊 瀧夜叉を救う

残念ながら、この角度の写真しか撮れませんでした。最低2回転くらいするだろうと構えていたら、1回で過ぎ去りました。

髑髏とか骸骨が好きなので、とても残念です、個人的に。

左甚五郎造像 「仁王」

左甚五郎造像 「仁王」

三猿の「聞かざる」が見えますが、見ざる、言わざるもあったと思います。

腕の筋肉の感じがリアル

私の好きな「赤」の面積が広いねぶたです。

迫力があります

筋肉の感じがリアルで、私としては、最大の迫力を持つねぶたでした。

なぜか可愛らしい猫が

裏側、なぜか可愛らしい猫が!? インパクトが高いねぶたでした。

おまけ

なんでヤッターマン!?

なんでヤッターマン!?

純!? お酒のねぶたなんですね

宝焼酎 純!? 作りが最も単純そうです。

宣伝専用ねぶたですかね? まあ、例外なくスポンサーの広告は付いてますけど。

祭りの様子

YouTube

「ねぶた祭り」は、ねぶたを鑑賞する祭りではありません。「ラッセラー ラッセラー」を掛声をあげ、跳ね回るのがねぶた祭りです。一応、その雰囲気をと思い、動画も撮影しておきました。が、暗くてよく見えませんね。すみません。

埋め込みYouTubeを、<embed>を使わなく変換を久しく使いました。

感想

青森ねぶた祭りは、私が実際に見たことのある祭りの中で最高だと思います。生きてきて、祭りをそれほど数を見ていないのでアレですが、まず、ねぶたの躍動感ある造形や大きさ、芸術的センスに驚かされます。あれほど手の込んだものを使う祭りは他に知りません。また、基本「ラッセラー」と叫んで跳ねるだけなので、気軽に参加できるのが魅力じゃないかと思います。ところで、あの大きさのものが通過できる道路も、考えてみれば凄い広さですよね(?)。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そんなに撮ってきたの?
2501さん / 2008/08/10(Sun) / 編集
そうです
調子に乗って撮りまくりました。
ねぶたの途中で、256MBのSDカードの容量が足りなくなってきて、泣く泣く最高画を諦めました。帰宅後、1024MBのSDを用意したので、次こそ最高画質で撮りまくります(←しかしPCの容量が有限)。
 (2008/08/10)
功殻機動隊GHOST IN THE SHELL2.0と スカイクロラが今年の夏の押井 守監督の公開作品のようで、ほほえましいことだわ。2.0の方はCG化されているようね。3D表現されてるのかしらね。フッフッフッネットの海は広大だわ。
名無しさん / 2008/08/10(Sun) / 編集
攻殻機動隊
ブログでは取り上げてないですが、私も攻殻ファンです。GHOST IN THE SHELLはもちろん、STAND ALONE COMPLEX(TV版で)、イノセンスなど、恐らく全作品を、最低1回はみていると思います。
どちらも、既に公開されているんでしたっけ? 今のところ、見る予定は無いのですが、ぜひ見てみたいですね。
 (2008/08/10)
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]