忍者ブログ

GAM-22のメモ

WMP11で、視覚プラグインを追加

2017.06 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

WMP11で、視覚プラグインを追加

FRUITYという、WMP用の視覚エフェクトを、以前WMPで使っていて、マイドキュメントを整理したら、その圧縮ファイルを発見したので、使ってみようと思った時のことです。
-----
WMP10なら、
  1. ?:\Program Files\Windows Media Player\Visualizations
    (?:Program Fileの在るドライブ)に、VizFruity.dllをコピーする。
  2. WMPを起する。
  3. オプションダイアログを開く
  4. プラグインタブ選択>視覚エフェクト
  5. 追加
で、可能でしたが、WMP11からは仕様変更されて、追加の項目が消滅していてできません。
しかし、以下の方法で、可能です。
  1. ?:\Program Files\Windows Media Player\Visualizations
    に、VizFruity.dllをコピーする。
  2. コマンドプロントを起動
  3. cd ?:\Program Files\Windows Media Player\Visualizations
    と入力+Enter
  4. regsvr32 VizFruity.dll
    と入力+Enter
-----
気付くのが遅かったのですが、現在は、Build105で自動にインストールできるので、コマンドプロントを使う必要はありません。
-----
FRUITYがWMP11に対応しているので良いですが、未対応の視覚エフェクトをWMP11に追加する時、同じようにすれば、役に立つでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
VirtualBoxのWinXPに入れようとしたんですが、メニューが無くて困ってました。
ありがとうございました。
palmasuさん / 2011/12/13(Tue) / 編集
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]