忍者ブログ

GAM-22のメモ

IMEで古文を変換すると・・・

2017.07 ← 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 →

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMEで古文を変換すると・・・

木曾の最期

古典の予習するとき、あまりにも文字数が多ければ、手書きをせずにWordで予習して、ルーズリーフに印刷することにしています。

しかし、この入力する作業が辛いです。

何年もPCは使っていて、タイピングの速度はそこそこだと自負しているのですが(嘘、結構鈍い)、古文の入力だと、かなり難があります。

単語の問題

例えば、

知ろしめされたらんぞ。

だと「知ろしめす」という動詞自体が登録されていないうようで、

しろしめす [変換]→ 白示す

なんてことになってしまうので、「知る」と入力してから、「る」を消して、「ろめす」を入力しなくてはなりません。かなり面倒です。

かな遣いの問題

基本的なことですが、

頭高に負ひなし、滋藤の弓持つて、

の「負ひなし」は現代かなではありません。なので、

おひなし [変換]→ お雛氏

結局、「おいなし」と現代かなで変換してから、ワ行をハ行に書き換えなくてはなりません。これも面倒です。

「持つて」も、「もって」で変換してから、「っ」を「つ」に置換する必要があります。

助動詞の問題
過去の「けり」は「蹴り」になる危険性が高いです。これは、エンターを反射的に押さないように心がければ回避可能ですが…

この3つは、古文を入力したとき、踏んでしまう頻度がかなり高く、絶対に避けられないです。IMEの変換モードに「古文」などが搭載されれば嬉しいですね。いっそのこと、ATOKに乗り換えましょうか。

話は変わりますが、ルーズリーフの罫線の位置が、製品によって微妙に違います。印刷する方にとっては、ルーズリーフを変えるたび、余白などを弄らなくてはならないので、これも疲れます。なんで統一しないんでしょうかね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事にトラックバックする
トラックバックURL:
カテゴリー
カウンター
最新記事
最新コメント
Twitter
人気記事
Amazon お買い得情報
Amazon お買い得情報
プロフィール
自画像
HN :
GAM-22
性別:
男性
職業:
大学1年生
HSP暦:
6年
好きなもの :
ゲーム, アニメ, マヨネーズ
嫌いなもの :
運動, 注射, ホラー映画, 英語
好きなバンド :
Muse, Radiohead
その他 :
文章能力が欠如している
バナー
Copyright © GAM-22のメモ All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ Designed by ピンキー・ローン・ピッグ 忍者ブログ / [PR]